オリパラを見て、まずはランニングから始めてみよう

浦和の暮らし

2021.08.29 UP

オリンピックが終わり、今はまさにパラリンピックが開催中ですが、地元開催でもテレビ観戦するしかなきものの、障害を抱えているにも関わらず挑戦し続けるパラリンピアンの姿は、日本人はもちろん国境問わず勇気と元気をもらった人は多いのではないのではないでしょうか。

日ごろ、日々の忙しさにかまけて運動をしていない人でも、オリンピックパラリンピックを観て感化された人も多いはず。

まずは、ランニングあたりから始めてみませんか?

浦和の街は、全体的に歩道が整備されている所も多く、あちこちで(特に今の時期は暑いので夜)走っている人の姿を老若男女問わず見かけますが、おすすめのランニングスポットは、さいたま市桜区の秋ヶ瀬公園ランニングコース。

荒川の川沿いに車が走らないランニング専用コースが整備されており、1周2200メートル、5500メートルなどいくつもコース設定されているので、飽きることなく走れますよ。

なお、秋ヶ瀬公園から歩いて10分ちょっと(走れば5分)の桜区役所内には、ランナーも利用できるコインロッカーが、またランニング後は、同じく荒川の川沿いで近くにある「さいたま市桜環境センター」に大浴場やサウナ、マッサージ、岩盤浴、レストランもあるので、身体をブレイクできますよ。

また、荒川に沿って、彩湖まで行ったり、県を越え、金八先生の舞台方面まで走っていくなど楽しみ方はたくさんあります。

さいたま市桜区道場など 最寄駅:JR西浦和駅から徒歩20分など