今回の初詣は地元でゆったり

浦和の暮らし

2021.12.31 UP

2021年も間もなく終わろうとしています。今年はコロナに振り回された一年という人も多かったのではないでしょうか。

初詣も、まだオミクロン株が徐々に市中感染始めていますし、例年のような黒山の人だかりになる有名神社はちょっと止めておこうかと考えるところですよね。

そこで、今回の初詣は、地元の神社でゆっくり参拝するのはいかがでしょうか。

さいたま市浦和区本太、住宅街の中にある神社が「本太氷川神社」。

氷川神社の名の通り、氷川神社の分社ですが、1500年前より、この地に鎮座していたといわれており、室町時代にできた旧本殿が現存しており、拝殿脇から遠めですが見ることができます。

とても歴史のある神社なのです。

ちなみに、御祭神は、素盞嗚尊(すさのをのみこと)、配祀は、大日霊貴尊(お伊勢さま)、
宇迦之魂命(お稲荷さま)、菅原道真公(天神さま)という、ちょっと珍しい組み合わせ。

ご利益としては、災難除け、安産、家内安全。

コロナ禍が少しでも早く終息するよう願いを込めて、新年のご挨拶をしたいところです。

なお、駐車場は3台ほどのスペースしかなく、いつもは利用可能ですが、初詣の時期は使用できませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

さいたま市浦和区本太 最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩10分