旅行行けない今、浦和で沖縄を感じよう

浦和の暮らし

2022.02.27 UP

オミクロン株もなかなか下火になっていく気配がなく、お正月休みの冬休みには旅行を諦めたご家庭も、次の春休みも雲行きが怪しくなってきてしまいましたね。

海外旅行など夢のまた夢のような気分になってしまいますが、やはり旅行好きにとっては辛抱のときですね。

そんなご時世ですが、「食」だけでもいろんな地方のグルメを楽しんで、旅行気分を味わいましょう。

今回は、日本の最南、沖縄グルメを。

JR浦和駅西口駅前の沖縄食堂結結(ゆいゆい)と、東口駅前の琉球酒房命薬は、沖縄出身の店主が子供の頃から食堂を営んでいたお母さんの料理を手伝って磨いた沖縄料理を、浦和で楽しめるよう開店したお店。

ゆえにメニューの数々は、沖縄の食卓に出るような家庭的沖縄メニューが並びます。

6時間仕込みのラフテー、母の味を引き継いだ世界一美味しいとされるゴーヤチャンプル、フーチバ―、ニガ菜、ハンダマ、長生百楽など、沖縄から届く島野菜、石垣島の与那嶺鮮魚店から直送される島魚など素材ひとつひとつも沖縄の味にこだわっているので、まさしく沖縄の味がそこにはあります。

シークワサーサワーなどを片手に浦和で沖縄を感じてストレスも発散させましょう。

さいたま市浦和区高砂 最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩1分