料亭弁当持参で花見に出かけよう

浦和の暮らし

2022.03.05 UP

3月に入り、そろそろ今年の桜の開花時期はいつかな?なんて考えている人も多いのではないでしょうか。

昔は、入学式時期が定番でしたが、今は3月下旬くらいがおおいのですかね。卒業式=桜というイメージになりつつありますね。

浦和では、桜の名所と言ったら、調神社や秋ヶ瀬公園などが有名ですが、おすすめは見沼代用水の川沿い。

ずっとどこまでも続くかのような桜並木は圧巻で、花見スポットのような場所はないので、人が密になる心配もなく、思い思いの場所で桜を楽しめます。

ぜひ、見沼代用水の桜並木にお弁当を持参で出向きましょう。

おすすめは、せっかくのお花見、ちょっと贅沢に料亭のお持ち帰りお弁当を持参しませんか。

さいたま市見沼区にある料亭「花水木」。


全室個室で、日本庭園を眺めながら絶品の和食を味わえる料亭で、お弁当だけでなく、見沼代用水からもほど近い場所にあるので、お花見の前後にランチやディナーも良いですね。

花水木のお弁当は、「気軽に料亭のすき焼セット 1,800円」、「料亭が作るハンバーグ弁当 1,200円」、「おすすめ!季節の天ぷら弁当 900円」の3種類。他、10000円以上でお届けも可能な仕出し弁当もあり。

料亭の味を味わえると思えばなかなかお手頃な価格ではないでしょうか。

さいたま市見沼区小深作 最寄駅:JR大宮駅などからバス25分